広々とした駐車場

土地活用の一貫

マンハッタンの立体駐車場

初めての方がマンション経営に失敗しないためにも、こちらのサイトの失敗例をよく読んで反面教師にしましょう!

今は建築費が高止まりの状況です

2011年に発生した東日本大震災に伴う復興住宅の建設や、2020年に開催される東京オリンピックによる建設需要により、建設業界は異例の好景気となっています。しかし、各社ともに職人の確保に苦戦しており、また資材価格の高騰により鉄筋コンクリート造の建築費用は高止まりの状態が続いています。 このような状況の中で、地主の土地活用としてマンションを建築して賃貸運用しようとする場合には、資金計画も含めて慎重に対応する必要があります。 確かに、アベノミクスによる大胆な金融緩和および日本銀行による国債の大量買入れにより、長期金利は最低水準となっており、今後もこの状況は当面続くものと考えられます。資金調達環境は良好であるため、土地活用策の一環としてマンション建築もありといえるでしょう。

土地活用でマンションを建てるなら、何よりも立地重視で

しかし、この低金利水準が未来永劫続くとは限りませんし、また上述のとおり建築費用は高止まりしているため、安易に土地活用策としてマンションを建築しても、借入金の返済が将来的に滞る可能性もありますので十分注意しなければなりません。 また、地主の所有する土地が果たして賃貸マンション経営に成り立つ立地であるのかにも注意しなければなりません。土地活用策として賃貸マンションを建設しても、賃借人が入居しない限りは借入金の返済をすることができません(ほかに十分な資産があれば話は別ですが)。 したがって、賃貸マンションを建設して賃借人の需要が十分に見込まれる立地であるのか、地主自らが積極的にマーケット調査をするべきなのです。この点を決して人任せにしてはなりません。よく覚えておきましょう。

失敗を回避

契約

マンション経営を行う場合には失敗を回避する必要があります。そのような場合、経営の専門家の不動産業者に相談するのことが非常に有効な手段です。不動産業者は経営のプロなので失敗を回避することが可能となります。

文化体験がポイント

ファイルケースを持つ男性

自分の余ってる部屋などを外国人に貸すAirBnBというサービスがあります。現在の相場は、一般的なホテルと怒涛の額と変わらないのが現状です。しかし、ホームステイという感覚がポイントとなるので文化体験ができます。

儲かる駐車経営

営業マン2人

駐車場の経営は、今のご時世非常に儲かります。電車やバスを利用する人も多いですが、田舎では電車の通ってない場所は車などで行く必要があります。そのため、車を置くスペースの駐車場は必要となってきます。